投稿者「takashi2000」のアーカイブ

仮想通貨FXの用語を解説。初心者必見!

まずは基本的な用語をご紹介します。

仮想通貨FXに参加する場合、ほぼ確実に耳にすることになりますので、しっかりチェックしておきましょう。

レバレッジ

レバレッジとは、自己資本以外の資本を使うことによってより大きな資金を動かす仕組みのことを指しています。

例えば、レバレッジ10倍の場合は預け入れた資金(証拠金)の10倍の金額を投資に使えます。
そのため、レバレッジの倍数分利益や損失が大きくなる仕組みです。

これによって、仮想通貨FXはハイリスク・ハイリターンの投資となっています。

証拠金

証拠金とはトレードするために必要な自己資本のことです。仮想通貨FXを利用する取引所に預け入れる必要があります。

また、保有している建玉の時価総額に対して預け入れている証拠金の割合を「証拠金維持率」と呼んでいます。

ロスカット

ロスカットとは、損失が出ている際に証拠金がマイナスにならないために執行される強制決済を示す用語です。

先程紹介した証拠金維持率が一定割合を下回るとロスカットが執行されるので注意してください。
ロスカットが執行される証拠金維持率は取引所によって異なるため、利用する取引所の案内ページを確認しましょう。

ストップロス

ストップロスとは、リスク管理の1つとして損失が出ている場合に、その損失がそれ以上広がらないために自ら決済することを指しています。こちらは、ロスカットと混同しやすいので注意してください。

スワップポイント

スワップポイントとは、建玉を保有している限り毎日かかる手数料のことです。

一例として、0.05%/Dになっている場合は毎日保有している建玉の時価総額の0.05%分の手数料を取られることになります。

なお、スワップポイントはレバレッジ手数料などとも呼ばれます。

トレード手法に関する用語

押し目

押し目とは、トレンド中に価格が一時的にトレンドと逆方向に動くことを指しています。この瞬間を狙って買うことを押し目買いと読んでいます。

押し目待ちをしていても押し目が発生しないこともあるため、過度の期待は禁物です。

ナンピン

ナンピンとは、仮想通貨を購入した後に価格が下がった場合、さらに買い増しする手法のことです。

これによって平均購入価格を下げられるものの、さらに下がった場合は損失が膨らむことになるので諸刃の剣といえるでしょう。安易にナンピンをすると大きな損失が出るので注意してください。

ICOも現在人気がある取引です。サニーコインや3DAX、Orviumなどで取引をしてみてはいかがでしょうか?

仮想通貨販売所と取引所の違いには何がある?

販売所と取引所ってどう違う?

販売所と取引所の違いまとめ

  • 販売所では、販売業者から仮想通貨を購入する
  • 取引所では、個人間で売買の取引をする

販売所と取引所の違いは、取引相手が違います。

販売所では、販売業者から直接、仮想通貨を購入します。
取引所では、仮想通貨を所持している個人間で直接、売買の取引をします。

販売所の特徴とは?

販売所の特徴

  • 販売元の業者と取引する
  • 取引したいときに早く取引できる
  • 価格は運営元の取引所によって指定されている

販売所では、販売元の業者から直接仮想通貨を購入することができるので、取引が簡単で、自分が売買したい量だけ取引することができます。

販売所によっては、販売元が儲けられるようにスプレッドが広めに設定されていることがあるので注意が必要です。

取引所の特徴とは?

取引所の特徴

  • 個人間での取引
  • 「指値注文」では、自分が指定した金額で取引できる
  • 「成行注文」で、その時点での価格で取引ができる

取引所では、他の仮想通貨ユーザーと売買の取引をします。

販売所では設定された価格で取引をする必要がありますが、取引所では自由に価格を設定して取引ができます。

取引価格を設定する方法は、「指値注文」「成行注文」の2通りです。

指値注文とは?

「指値注文」とは、自分が売買したい価格で取引ができる注文のことです。

例:「5000.21」で買いたいのならば、誰かがその価格で売りに出すのを待つ必要があります。

成行注文とは何?

「成行注文」とは、その時点において一番お得な価格で取引ができる注文のことです。

販売所と取引所の違いとは?比較表

メリット デメリット
販売所
  • 素早く取引ができる
  • 仕組みが簡単
  • 価格があらかじめ決まっている
  • スプレッドが高い
  • スプレッドが変化しやすい
取引所
  • スプレッドが安い
  • 自分が決めた価格で売買できる
  • 取引成立までに時間がかかる
  • 仕組みが少し複雑
  • 大量の取引は成立しにくい

ビットコインの販売所と取引所のスプレッドを比較

 

販売所のスプレッド手数料

GMOコインを例に出すと、約1.0%のスプレッドがあります。

取引所のスプレッド手数料

GMOコインの取引所のスプレッドは約0.16%です。

取引所の方がスプレッドが狭いです。ICO通貨も取引所で取引が可能です。ICO通貨には、jbcoin、Verasity、Gigziなどの仮想通貨があります。

販売所、取引所はそれぞれこんな人におすすめ

販売所は、ビットコインを速く確実に取引したい人におすすめ

販売所がおすすめな人

  • 購入や売却を早くしたい
  • 大量の仮想通貨を取引したい
  • 初心者の方で、これから仮想通貨取引を始めたい

販売所のメリットは、安心して取引ができるという点です。定められた価格でしか取引ができないので、予想外に高い価格で購入してしまうことがないのが特徴です。

取引所がおすすめな人

  • 少しでも安価に仮想通貨を取引したい!
  • 希望価格の売り買いができるまで待てる

取引所のメリットは、販売所に比べてお得な価格で取引ができるという点です。自分が指定した価格で取引ができるので、取引が成立したときに達成感があります。